新着情報

新着情報

2016年12月ブログ デザインの概念

カテゴリ:ブログ, 新着情報, 更新情報 2016/12/28

先日海外出張で行ったとある空港のバス停でチケットを買った時に、
「Student?(学生?)」と聞かれたちょっと複雑な気分の社長の清水です。

今年を振り返ると今年も様々な事がありました。
その中でも印象的だったのは、やはりグッドデザイン賞の受賞であったと思います。

実は2年前の2014年のグッドデザイン賞に初めて応募しており、その時は残念ながら「2次審査不通過」という結果でした。最初に、グッドデザイン賞に応募をしよう!グッドデザイン賞を取りたい!と思ったのはさらにもう1年前の事です。

最初の動機は、“グッドデザイン賞ってかっこいい!”“取ってみたい!”というような非常にシンプルなものでした。

しかし、この3年ほどの過程の中で

“グッドデザイン賞が取れた!”という結果だけではない、様々な多くの事を学ばせていただいたと思います。

その一つが“デザイン”の概念です。

私も応募要項を見るまでは、そもそも何を評価している賞なのかも理解していませんでした。

グッドデザイン賞では
“誰かの生活を真に豊かにすること、またその可能性があること”を
“よいデザイン”として評価しています。

また、そもそも“社会を豊かにしようとする行動そのものがデザイン”とのことです。
これは人としての生き方や会社のあり方の本質的な概念だと思います。

こういった”気付き”はもちろん、賞に関わる多くの人や他業界の製品・サービスに触れさせて頂けたこと
は、受賞と合わせて今後の大きな糧となると思います。

私は当社にとってこのグッドデザイン賞の受賞は“きっかけ”だと思っています。

我々の使命は、日本や世界の水道・消防・防災に対してバルブを通じて貢献する事です。

そんな思いの中で生まれたのはサスキャメル消火栓だけではありません。使って頂きたい多くの製品が現在そして未来のラインアップにあります。そんな当社の製品やサービスを使っていただく“きっかけ”を今回の受賞で頂いたと思っています。
それを、来年2017年は大事使わせていただきながら、また一年一歩一歩精進していきたいと思います。

本年も多くの方にお世話になりました。
来年もご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

集合写真 2016年10月グッドデザイン賞受賞展にて