新着情報

新着情報

2016年10月ブログ 人の幅

カテゴリ:ブログ, 新着情報, 更新情報 2016/11/03

 子供の運動会の日の夜、写真を整理しようとカメラをいじっていたら、
間違えてSDカードの初期化ボタンを押してしまった社長の清水ですΣ(T□T)
データ復元ソフトで事なきを得ましたが寿命は確実に縮まりました。(´▽`)

 さて、9月に2016年度グッドデザイン賞の受賞・グッドデザインベスト100の受賞を発表させていただきましたが、10月28日の授賞祝賀会にてグッドデザイン特別賞〔ものづくり〕の受賞が発表されました。
応募段階では頭の片隅にもなかった特別賞の受賞は、会社に大きな風を吹き込みこれからの会社が進もうとする道を後押ししてくれている気がします。

 グッドデザイン賞の総括をしたいのですが、まだ受賞関連のイベントが残っているのですべて終わってから書いてみようと思います。

「人の幅」

私のウエストの話ではありません。(笑)

人生は、プラスマイナス0
良いことも悪いこともあり「人生は、総じてプラスマイナス0」という考え方があります。
私もこの考え方を信じています。

喜びを感じられるのは、辛いことがあるから
悲しいことがあるのは、嬉しいことがあるから

本当にその通りだと思います。

良い事だけを求めがちですが、それは無理です。
喜びを感じたければ、幸せを感じたければ、辛く悲しいことも受け入れなければなりません。
「幸」という漢字は「辛+一」です。漢字を考えた人はすごい・・・

昔からの言い伝えや習わしからもこの考え方が間違っていないことを証明しています。
「苦労は買ってでもしろ」
「家を建てる時の餅まきは負の先払い」
等がそれに当たるでしょう。

私は、その人生におけるプラスマイナスの振れ幅が“人の幅”だと思っています。

たくさんの辛い思いをした人は、たくさんの幸せを感じられる
その幅が大きければ大きいほど人としての幅となり、魅力になると信じています。

でも、年を取ってからあまりに辛い思いをするのは嫌なので、
今のうちにさんざん辛い思いやしんどい思いをしておこうと思えます。

将来幸せになる方法(幸せを感じる方法ともいう)

若いうちは常に風の強い方に向かって走る!(楽な選択をしない)
※何歳までが若いかは、人それぞれの価値観であることは言うまでもないですね

本当にシンプルで分かりやすい

私の生きる指針です。


いよいよ来週は、京都水道展です。
たくさんのご来場をお待ちしております。
私も3日間会場にいる予定です。

ブログ用

グッドデザイン賞授賞祝賀会にて
これを撮りたかった(笑)