BLOG2022年5月ブログ すべては社会からの借り物

2022/05/25

市内を車で走っていると「廃墟」となってしまっている住宅や建物を見かけることがあります。
屋根や壁が崩れていたりしており、危険を感じる場所も少なくありません。

 
土地は、日本では買って所有することができます。
しかし、所有している間そこで何をして良い訳でもありません。
そこを管理していく義務が生じてきますし、社会との協調も必要だと思います。
建物が管理できずに廃墟になってしまうと、いろいろな危険や悪影響を地域に及ぼす恐れがあります。


 
買ったものであっても「あくまで社会から借りているもの」ととらえたほうがいい判断ができるかもしれません。
どんなものでも必要ない、管理できないとなったときは、捨てる、売る、譲る等で社会に返すのが一番だと思います。

 何を買うにもそうですが、
使いはじめる時に、「使い終わるとき」、「返す時」をイメージしながら選別、判断するといいかもしれませんね。

「ものづくり」においても、「使い終わったとき」も見据えた開発が求められていると感じます。


先日、長女のバレーの試合を見に隣町の八日市に行ったら、
体育館そばの農業用水の配管でエアエルフ不空気弁を発見👀
目の前には収穫前の小麦畑が広がっておりました。
日本の農業にも微力ながら貢献できているのかな?と感じた週末でした。

HOME / ブログ / 2022年5月ブログ すべては社会からの借り物

CONTACT

ご質問・お見積りのご要望がありましたら
お気軽にご相談ください。

本社・工場
tel.0749-25-2550
東京営業所
tel.03-3662-4266

拠点・営業所のご案内

メールでのお問い合わせ

CATALOG

製品カタログ、価格表、技術レポート
などをダウンロードいただけます。

カタログダウンロード

ページトップ