新着情報

新着情報

2018年10,11月ブログ 水道業界のすそ野

カテゴリ:ブログ, 新着情報, 更新情報 2018/11/30

先日の博多水道展では、たくさんの方にご来場いただきましてありがとうございました。
多くの意見交換をさせて頂くことが出来ました。

私は水道業界は、“社会への関りが最も深い業界”であると信じています。

水というのは、生命の根源であり社会の生命線であることはもちろんですが、
そこに関わる人々や組織の幅広さにいろんなことを考えさせられます。

幅広いというより“社会のすべて”に最も近いともいえます。

安心安全な水を皆様にお届けしているのは地方自治体です。
それも、東京都をはじめとした大都市はもちろん、
人口が数百人の村まですべての自治体が水道の供給者です。

そこに対して、バルブを含めた資材や工事、サービスを提供している
東証一部上場企業から、我々のような中小企業である民間会社があります。
そこで、老若男女はもちろん本当に多くの人が何らかの役割を担っています。

その、お客様である水道の利用者は、赤ちゃんから高齢者まで利用していない人はいません。

一つの業界が、ここまで社会の隅々までつながる業界は、水道をおいて他にない!

逆に言えば、社会の隅々までが繋がっていないといけない業界でもあるのかなと思います。

中小企業であっても、役割を見出しながら真摯に活動すれば、
必ず必要とされる存在であり続けられると思えます。

水八訓

彦根のお隣、多賀町町民グランドでこんなものを見つけました。
“水六訓”
笹川 良一さんのお言葉だそうです。
水という奥深いものに関われていることに感謝しないといけませんね。








  • HOME
  • 新着情報
  • 福岡水道展(日本水道協会全国会議)出展のご案内