新着情報

新着情報

2016年5月ブログ 「マヌケ」の間

カテゴリ:ブログ, 新着情報, 更新情報 2016/05/30

休みの日「昼飯はチャーハンな!」と言ったところ、
息子に「え~、またー・・・。」と言われた社長の清水です。

印象に残っている本の中でビートたけしの「間抜けの構造」があります。
マヌケの構造

「お前はマヌケだな~。」なんて言われたら、腹立たしい限りですが、
この「マヌケ」は漢字で書くと「間抜け」で、「間」抜けている、又は「間」が悪いんだそうです。

テレビやお笑い、映画、音楽は「間」が命とのこと。

日本人はこの「間」を最も大事にしてきた民族だそうです。

身の回りにあるいろんな「間」を探すと面白いですね。
「お茶の間」「間取り」「間に合ってます」「間合い」等々・・・。

バルブにもこの「間」というものがある気がします。

なにはともあれ

“間”というものは厄介で、その正体は見えにくいし、コントロールするのも難しい。
けれど、それを制した奴だけが、それぞれの世界で成功する事が出来るんだよ。
                              ビートたけし

との事です。
しっかり「間」を意識して、今後も仕事をしていきましょう。

あだち

ちなみに、私はあだち充の漫画が大好きです。
「タッチ」「H2」「ラフ」!。
今はあの「タッチ」と同じ明青学園を舞台にした「MIX」を単行本が出れば読んでいます。

「間抜けの構造」を読んで気付きましたが、
あだち充こそまさに「間」の漫画家なのでしょう。
どんだけ風景画~!
と思う時もありますが、
あだち充のお決まりの「間」が読んでて心地いいのです。
気になる方は読んでみてください。